PLAYER ON-LINE HOMEギター総研 > 年代判別の手引き
年代判別の手引き

ESシリーズ仕様変遷

ES-125 1946年 ドット・ポジションマーク、フル・ディプス、1P-90
ES-125C(CD) 1966年 ES-125のカッタウェイ・バージョン(2ピックアップはES-125CD)
ES-125TD 1957年 ドット・ポジションマーク、シングル・カッタウェイ・スィンライン・アコースティック
ES-125TC(TDC) 1960年 ES-125Tのカッタウェイ・バージョン(2ピックアップはES-125TDC)
ES-140 1950年 3/4サイズ、ドット・ポジションマーク、シングル・カッタウェイ・フル・ディプス、1P-90
ES-175 1949年 ダブル・パラレログラム・インレイ、シングル・カッタウェイ・フル・ディプス、2P-90(57年からハムバッキング)
ES-225T 1951年 ES-175の2ピックアップ・バージョン
ES-225T 1955年 ドット・ポジションマーク、シングル・カッタウェイ・スィンライン・アコースティック、1P-90、レス・ポール・トラピース・ブリッジ・テイルピース
ES-225TD 1956年 ES-225Tの2ピックアップ・バージョン
ES-295 1952年 ゴールド・フィニッシュ、ダブル・パラレログラム・インレイ、シングル・カッタウェイ・フル・ディプル、2P-90(58年からハムバッキング)、レス・ポール・トラピーズ・ブリッジ・テイルピース
ES-330TD 1959年 ドット・ポジションマーク、ダブル・カッタウェイ・スィンライン・アコースティック、2P-90、(エピフォン・カジノのギブソン・モデル)
ES-335TD 1958年 ドット・ポジションマーク(62年からブロック・インレイ)、ダブル・カッタウェイ・セミ・アコースティック、2ハムバッキング
ES-340TD 1969年 ES-335TDのスペシャル・コントロール・モデル、メイプル5ピース・ネック
ES-345TD 1959年 ダブル・パラレログラム・インレイ、ダブルカッタウェイ・セミ・アコースティック、ゴールド・ハードウェア、2ハムバッキング、ステレオ・エレクトロニクス、ヴァリトーン・コントロール
ES-347TD 1978年 ブロック・インレイ、ダブル・カッタウェイ・セミ・アコースティック、ゴールド・ハードウェア、2ハムバッキング、コイル・タップSW、TP6テイルピース
ES355TD 1958年 ブロック・インレイ、ダブルカッタウェイ・セミ・アコースティック、ゴールド・ハードウェア、2ハムバッキング、ヴァイブローラ、(ステレオ・エレクトロニクス/ヴァリトーン・コントロール付きはES-355TDSV)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。